toki-doki (仮) by s0met1me

アクセスカウンタ

zoom RSS [料理] エーグァーの香焼

<<   作成日時 : 2007/11/11 17:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

こっちに来てからというもの,加工してない丸の魚ってぇとそれこそサンマくらいしか食べてなかった(気がする).

ここんとこ久々に魚をガッツリ食べたい気がして仕方が無かったところに,半額になってるエーグァーが有って(旨そうな雰囲気してんぢゃん)思わずゲット.今迄刺身でしか食べたこと無かったけど大いに期待.

知らなかったけど先島での呼称らしい.「あいご」の総称のことで主にシモフリアイゴを指し,本島ではアカガンチェーまたはカンチエーと呼ぶとのこと.こっちのスーパーでは,サンマやカツオくらいが例外で殆どの丸魚は「調理済」だ.オレにしてみりゃ内蔵だって食べようが有るし,卵でも持ってたらラッキーなのに損した気がしてた.でもアイゴの仲間はヒレに毒があるっつんで,そんなことも考えると仕方ないのかと思うようになった.

画像


初なので片面にクレージーソルトを少々振って,セロリの葉の上に置いてグリル.焼きあがったらこれがまた旨そうでね.こういうタイっぽいというかアジっぽい魚は良いよね(本当はスズキに近いらしいけど).骨や背鰭が結構ごっつくてちょっとキケンではあるけど,繊維が細かくて脂タップリタイプではないけど,身自体がかなり繊細な良い味してた.ちょっとつついたら予想以上に旨かったんで,ビール出すのも忘れて一気喰いしちまった(残った骨もダシに使うぜ).

マース煮(塩煮)にするのが定番らしい.でもこの「塩煮」と聞くとどうも感覚的に旨そうな感じがしなくて,未だマース煮という料理は食べたことが無い.ただし実際の調理法は
フライパンに魚が浸るくらいの水を入れ、泡盛少々と卸し生姜を小さじ1杯くらい
醤油も少々、カツオだしの素も少々、それと塩を少々入れて加熱

ということなので,全くの塩煮というのではない様だ.もう一つ重要な点は「塩」で,返還前まで沖縄は当然ながら塩は自給自足していた.返還以降大和の工業生産(日本専売公社)の不味い塩を押し付けられたんだ.

沖縄の魚というと,比較的知られてるのはグルクンだろう.これも割と良く並んでいるけど,居酒屋なんかでも唐揚げが定番でイワシくらいの大きさ.3匹パックくらいで売ってるけど,何か半端な感じで買ったことが無い(1匹では足りんだろうし,3匹は欲しくないしなぁって).

グルクンも単一種の名前ではなく,総称なんだとか.沖縄の代表的な魚のイメージだけど,実際に店に並んでるのを見ると東南アジア産のラベルが多く何気に違和感がある.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
[料理] エーグァーの香焼 toki-doki (仮) by s0met1me/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる