[雑記] 目覚まし時計は嫌いなのだ

画像

横長の写真を貼ってみる実験しつつ.

つうわけで早く寝なきゃてとこなんだけど, やぱ麦燃料だけでは眠くなるハズもなく. なるべく食糧整理というとこで,今日のメニューは前菜残り物中心盛りとようやく最後の1本になった「味来」とニンジン丸齧りと鰻の温卵乗せと島豆腐のタコワサビ添え.このところトウモロコシの分が徐々に体重に効いてきてるような?

「味来」は16本入ってたから,片付けるのにここまでかかった.結構厳しかったけど,味はそんなに落ちてない気がした.流石に粒の付け根が虫歯みたいに変色してきて,駄目かと思ったけど腹下すことも無く,味も悪くならなかったので喰っちまった.

肝臓にはベータカロテンの類が良いということで,最近はカボチャやニンジンを食べるようにしてる.しかしこういう食材って,煮る系の使い方しか思い浮かばないのが困りモノ.で今迄あまり使わなかったけど,ニンジンは生で齧るだけで良いやと.

何時からかは記憶にすらないけど,朝起きるのにはタイマーで音楽(ラジオか TV かその他色々)鳴らすのが習慣で,もう随分目覚まし時計ってのを使うことがない.携帯電話を持つようになってからはアラーム付いてるし.

でとにかく一般的な目覚し時計の単調かつ無礼な音(金属音にしても電子的な音にしても)は大嫌いで,あんなものに起こされた日にゃいきなりブルーな一日になる.昔誕生日にデッカイ目覚まし時計(漫画に出てきそうな)をくれたコが居て,たいていのモノなら内心苦虫を噛み潰しながらでも受け取るけど,あれだけは無理でお断りしたことがある(あんなのは生涯で初めてだ).

でまぁ朝の早い(旅先での長い移動とかの)前日ってのは,小心者なのでたいていロクに眠れずにアラームをセットした時間よりも前に目が醒めるのが常.飛行機の乗り遅れだけは,繰り返したくないからなぁ.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック