[沖縄][自然] オオゴマダラ

wikipedia より

東南アジアに広く分布し、日本では喜界島、与論島以南の南西諸島に分布する。分布域では平地から山地まで生息し、季節を問わず繁殖するので1年中見ることができる。成虫の期間も長く、羽化してから数ヶ月、条件がよければ半年ほど生き続ける。

狭い場所でも生活環が成立するため飼育しやすいチョウの一つで、各地の動物園などでもよく飼育される。沖縄県の宮古島市や石垣市の市のチョウに指定されている。




ホントに目と鼻の先にじっとぶら下がってたので,新聞読んでて全く気付かず.
画像



画像



画像




ちょっと移動して一度羽を広げたけどタイミング逃す.
画像



ストロボ弱や無しで上手く撮れず.特に蛹はテカっちゃってw.
画像



サナギの殻自体は透明で,中が黄金色の汁なのだと知る.
画像




撮影地: 「いちばん館」(名護市)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック